スーフリ

ゲームと漫画アニメを中心とした趣味のページです

MMO昔話

■Diary

28日

ラーメンの割引き券があるという事でりんねさんと外出


DVC00003_20121029013236.jpg
味濱家が今日まで300円割引でした
15時ぐらいに行ったのにすでに行列がw
30分ぐらい待ってようやくラーメンにありつける

夕飯もラーメン行こうぜって話になりそれまで時間をつぶす
万代(新潟市の中心)をぶらつく
駐車場の3時間無料券をりんねさんが用意してくれてたので
前行きそこねたラブラ万代を散策
ここの服はカジュアルすぎてどうも合わなかった

本当の目的は雑貨
着る毛布というアイテムがとても実用的で欲しいですね
これから寒くなる季節ですから部屋で使いたい

前回同様、週末は人が多くキョドりかける
とても一人では中心街は歩きたくないw
場違い感がするというか・・

笹チャンで残りの時間をつぶして2軒目へ


DVC00002_20121029013235.jpg
新発田駅近くの奈良天理ラーメン「陽気」の”陽気ラーメンスペシャル”
懐かしい薄味のしょうゆ+辛味+にんにく+油
そこに白菜と生卵(味付けではなく)

新潟は豚骨ベースが主流になっていて
中々こういうラーメンはない
これはまた食べに行きたいすなあ


DVC00001_20121029013235.jpg
帰りにカプコサーカスに寄ったら
ついにトリコロ入荷確定の貼り紙が!!
11月上旬予定か、wktk




IMG_1583.jpg
前から飲んでみたかったエナジードリンク「Monster」を買ってきたぜ!
OTB愛用の品
海外では飲みすぎで死者が出たようですが^^;

飲んだら体と頭が熱くなりボーッっとしてきたw
なんかテンションもお酒を飲んだ時みたいに上がってきたぞ?


1147208680422fde1.jpg
このテンションのままアニメと昔話をしてくぜ!

先日朝までかけてソードアート・オンラインを16話まで観ました
内容はオンラインゲームを題材にした漫画およびアニメ
私も長年オンラインゲームをしてきたのでプレイヤーという視点から
こういう作品を観るのは面白いです

公式より

2022年、次世代ゲーム《ナーヴギア》が開発され、仮想空間へのフルダイブが実現した。
《ナーヴギア》初の本格的なVRMMORPG ※「ソードアート・オンライン(SAO)」は
世界の注目を浴び、 「SAO」正式サービス開始日、
プレイヤーのひとりであるキリトは仮想世界を満喫する。
だが「SAO」の開発者・茅場晶彦は、全てのプレイヤーたちにこう宣言する。
このゲームはクリアするまで脱出不能、
そしてゲームオーバーは現実での死を意味する、と。


この作品にはMMOのあるある要素が多数含まれており、
オンラインゲームをやった事のある人はより楽しめる内容。
のはずだったが途中から結局ヒーロー&ヒロインの恋愛物になってしまい
「私が求めてたのはそこじゃないんだよ!」
的なことを思いつつ楽しみながら観てましたw
まあ展開的にそうしたほうが一般受けもよく
作品としては王道のほうが売れますから。

私が期待していたのはどのネットゲームにも先行組と言われる
廃人達の存在とプレイヤーキラー「PK」の存在
私に共通する部分であるため、そこがどう描かれているのかは興味がありました

第一作目に選んだオンラインゲームは「Diablo」
現在DiabloⅢをメインでプレイしていますし、私にとって思い入れのある作品
プレイの動機は他人とのPTプレイというより他人をゲーム内で殺したい
この時からすでに頭がおかしかったようだw

ただ1作目のDiabloでは初めてのネットゲームでしたから多少抵抗もあり、
そういう衝動にかられながら普通にプレイをしていました

そこに登場したのが「Ultima Online」
街の近くで狩りをしていたらPKがやってきて私を殺して去っていった
この時「殺す側にまわりたい」と決意した瞬間であった
最初は普通のプレイヤーと強力プレイをしていたんですが
やはり本当の目的PKerになるために今までの仲間と別れ、PKギルドに参加
それからはずっとUO、Lineage2、RFZ、WoW、Tower of Aionと
どんな手段を使ってでもプレイヤーを殺すのを楽しみにMMOをやってきたわけです

ソードアート・オンラインにもPKという描写は存在し、とても懐かしく感じました
私は悪役というロールプレイがしたかったのだと思います

現在はソロ中心のゲームスタイルをしており作中の主人公「キリト」と
似ている部分を感じました
まあ私の場合長年の出来事や経験から他人は信じない
という曲がった考えにになり、ソロ傾向になってるのでそこは違いますが。
これはリアルでも同じで一人でいるのが好きなのはそういう考えからくるのでしょう
友達や人と遊ぶのは楽しいけど毎日は遊びたくないみたいな。

作中で主人公が人と触れ合い成長していく所とか共感が持てます
昔私はリネ2時代大規模な同盟を組んだ組織に属しており、
今DiabloⅢなど様々なゲームを一緒にやってるプレイヤーでもあります
その頃を振り返り、昔話で出てくる私のイメージは

「何を考えてるかよくわからない人」
「人間身の感じない存在、NPC」
とまで言われる始末w

確かに学生時代の私は人と接するのが苦手だったし
同じ団体の仲間以外は興味がなく、すべて敵だと本当に思ってました
特に敵に対する憎しみも感じず、獲物としか認識していなかった
同盟でもあまり自己主張する事も少なく謎の存在だと思われていたようです

月日が過ぎ、私も歳を取り色々な人生経験をしてきたわけです
その長い歳月で少しは社交的にもなりましたし、そういう努力はしてきたつもりです
ただそれが現実かオンラインかの違いなのでしょう

昨今ボイスチャットが普及しプレイヤー同士がより近くなれた気がします
今までチャットのみだった相手へのコンタクトから
直接会話できる時代になったのです

オフ会に参加したことのある人は思い出してみてください
初めてゲーム外で会った日の仲間の事を。
ゲーム内とまったく同じイメージだった人、全然違う人、人によって様々・・
そんな時代は去り、今では簡単にそのプレイヤーがどんな人なのか分かる時代。
便利な世の中になったものです


ここからは理想と現実の比較

作中はおそらく主人公の成長と人生のゴールみたいなものがありますが
実際のMMOプレイヤーの闇は深い
ゲームにハマりすぎて現実から脱落してしまう人も多いですよね?

 \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                  -‐
  ー
 __           わ た し で す           --
     二          / ̄\           = 二
   ̄.            | ^o^ |                 ̄
    -‐           \_/                ‐-

    /
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \


両立できればいいのですがネットゲームに極フリしてしまうとリアルがヤバイ
どんどんゲームおろか趣味以外のものに対しての興味が無くなってゆく
どこかで起きて最初にする行動が「TVを付ける」から「PCを付ける」
に、なった人は結構危ないと書いてありました
これは正解だと思う

作中はネットゲームの面白さが描かれていますが理想と現実は違うんですよね・・
成長や思考が止まってゲーム脳だけになってしまう人がいる事・・

廃人というのは人生に必要な要素を捨て去りゲームに捧げた人が得られる
敗北者への称号
いや~実に耳が痛いw


そんな感じで作品を通じて理想と現実を書いてみました
普通の人生を歩んでみたかったがこれもまた人生。
できる限りゲームに捧げてみようではないか
良い子はマネしちゃだめだゾ☆



SAO(E382ADE383AAE38388)02.jpg
理想


uporg704498.jpg
現実


ううっ・・


無題01
闇ちゃんの笑顔だけが唯一の救いや・・
浄化される~ あ~ノンケになる~
ノンケだっつーのwww




















Picture 273
「3×歳、廃人です」
歳取った、顔を晒すのが少し怖い

7ce9b855-s.jpg
なんかさ、
人生経験が少ない人や1つの事に没頭してる人(主にオタク系関連)って顔が幼いよね
あまり表情筋を使わないからなのか、それとも考えが幼いままだからなのか。
苦労してる人はその苦労や経験が顔に出てくるらしいし。
顔は根本的な作りは別としてその人の人生を語るとも言われている

私はよく若いと言われるが、前に日記に書いたきがするけど
若いのではなく幼いんだよな
なんか納得してしまった。悲しい

さて明日から本気だそ(言い訳
関連記事
[ 2012/10/29 05:14 ] Net Game | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Search
Access Ranking
[ジャンルランキング]
ゲーム
1084位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
199位
アクセスランキングを見る>>